今年はじめての更新です。
年のはじめのご挨拶も記さずに、なんとも気持ちの落ち着かない再開になりました。
中途半端な時期ですが、 皆様、 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2011年が始まり4ヶ月・・・ 両親と同居の2世帯我が家は、大小さまざまなドタバタが常なのですが、 今年は思いのほか厳しい冬の冷え込みだったからでしょうか。 年の初めから母が体調を崩してしまいました。 毎日科の違う病院通いでした。 少々、物忘れの間隔も短くなりだしているので、介護のことをきちんと考えなくてはいけない時期だと思っています。 でも、どこから始めてよいやら・・・。 

3月の東北大震災時は、たまたま自宅にいました。 ここ名古屋の自宅周辺では、ゆっくりとした大揺れでしたので、すぐに地震とは気づかなかったほどです。 そのときテレビのスイッチが入っていたのですが、急に緊急放送に切り替わったテレビ局内の異常な慌ただしさを見て初めて大変なことが起きていることを知りました。 それからはもうテレビの前から離れられませんでした。 涙を流すしかできない自分。。。逃げて!とどれだけ叫んでも何も出来ない自分。。。。。とてもとてもやりきれない気持ちでいっぱい。。。

なにか出来ることは無いのか!! 日本中の人々が同じ思いで立ち上がりましたね。 
私も微力ながらお手伝いしたいと本気で思いました。 いろいろな団体のHPを検索している最中に、パッチワーク通信さんがコンフォートキルトを贈る企画を立ち上げられたことを知り早速キルト作りを始めました。 途中、日本手芸普及協会主催の 『被災地の子供達へ贈るスクールバッグ』 企画にも参加。 男の子用、女の子用を至急に送付しました。  
 こういう企画があるということを一度にお知らせするのに、ツイッターやフェイスブックなどはとても便利ですね。 私も、海外にいる夫や夫の親類から気軽に安価に使えるから、とフェイスブックへの登録を去年からしつこく(?)勧められていて、ついこの2月に参加し始めたところです。 始めはいまひとつ使い方がわからなくて戸惑ってましたが、 地震直後にとても有効な連絡手段になったのは驚きでした。 草の根・民間レベルでの情報交換ってすごいですね。 フェイスブック内では、海外でもスクールバッグやコンフォートキルトの情報が早い段階で広まっていました。 社会貢献になる善意の活動など、良い面でもっと活用されるといいと思います。

一昨日、約1ヶ月かかりましたが、コンフォートキルトを完成させました。 ベビーキルト・・・のつもりです。
それが、こちら ↓
b0147710_11402586.jpg
 
b0147710_11441220.jpg

b0147710_11453681.jpg


ベビーキルトを作るのは、 じつは初めてです。  『キャリコ』を主催される三池 道さんのベビーキルトの飛行機や汽車のアップリケデザインと土台布の雰囲気を参考にさせていただいてます。 
コンフォートキルトはテクニックやデザインを競うものではないということですが、 今回どうしてもキルトに何かしらのメッセージを縫いこみたくて、アップリケのキルトにしました。 ひと針ひと針、願いをこめました。 メッセージは受け取ってくださる方の感じかたにおまかせします。。。。。気に入ってくだされは幸いです。

被災地の子供達へ・・・・のスクールバッグはこちら ↓
b0147710_120585.jpg


ほかにこんなことを募集しています、という布関係のボランティアがあれば、是非ご一報ください。
出来る限り参加したいと思っています。







b0147710_1216144.jpg

[PR]
by mei-konuno | 2011-04-30 12:05 | 日記