2008年 09月 16日 ( 1 )

ユーバトリウムと秋明菊

b0147710_15323169.jpg

            ユーバトリウム (キク科 又は しそ科)

お花の一つ一つは1cmにも満たない小さな可愛い薄紫色のお花です。
細長い花弁がとても繊細で可憐な趣きなのです。

b0147710_1550393.jpg

               朝の雨に濡れて・・・・

何年か前に鉢植えでいただいたこのお花、地面に植えたらあっという間に生え広がりました。
ずっと、『アゲラータム』という植物だと思っていましたが、もうお花も終わりかな・・・と
あらためて見つめてみて、ふと・・・・あれ? なんだか違うかんじ・・・・・

いろいろ調べてみたら、 『ユーバトリウム』 というお花でした。
何科に属しているのかは、いろいろ説がある様子。
花が菊みたいだから「キク科」ともいわれ、 また葉っぱが鋸状だから「しそ科」だとも・・・。

写真は、拡大アップでごらんいただけます。

b0147710_15564596.jpg



b0147710_1612112.jpg

               秋明菊 (きんぽうげ科)

この写真のお花は、8月下旬、岐阜県の馬籠宿で見かけたものです。
涼しくなる頃に咲くお花ですが、山間は夏でも朝晩は冷えるので、開花も少し早いのだと
思いました。 
とても見栄えのする美しいお花です。 
でも、この花弁に見えるピンクの部分、 本当は花びらではないそうです。 
萼(がく)片なのだとか。 本当の花びらはないお花? ちょっと不思議ですね。
[PR]
by mei-konuno | 2008-09-16 16:38 | 四季だより