シルバー・アクセサリー

先月のPTAハンドクラフト部で、シルバークレイ(銀細工用の粘土)を使って、ペンダント・トップを作りました。 いろいろ作り方がありますが、 私たちが作ったのは、軟らかい銀粘土を好みのデザイン型に入れて成形したり、 イラストや文字など好きなように造形して、その後電気炉で焼いて研磨する方法でした。 私は、シンプルな十字架の型をチョイス。 縦横1.5㎝弱ほどのサイズです。 ホワイト・アクアマリンの小さな天然石を一粒、アクセントにつけました。 焼きあがって、金ブラシでシュシュっと研磨しているときは、 ほんとに光るの~?とか半信半疑でしたが、 磨きこむと輝きが増してきて・・・ 今回は、ピカピカ光らない仕上げのイメージとおりのペンダント・トップができました♪♪   
b0147710_1621390.jpg

[PR]
Commented by kzm at 2009-11-16 09:12 x
PTAハンドクラフト部・・いいですねぇ^^
私も混ぜてもらいたいです。
通したヒモも素敵ですね。
前回のお皿もそうでしたが、meiさんセンスありますね^^
Commented by mei-konuno at 2009-11-19 19:25
kzmさん、 こんばんは♪

わ~、そんなに褒めてもらって嬉しいです(*^^*)
この講習をしてくださった講師の先生、 ウチの近くにお住まいなんです。 個人講習もしていらっしゃるようなので、 kzmさんがお近くなら絶対お誘いしてるところですよ~。 

私、初めて銀粘土というものを触りましたが、 道具があればとっても簡単にできるんですよ。 出来上がるまでの作業も楽しいのです。(私は磨きの作業が気に入りました) 自分の好きなデザインで作れるアクセサリーは長く楽しめますし、 機会がありましたら、是非お勧めのクラフトです♪♪ 
by mei-konuno | 2009-11-03 16:04 | ハンドクラフト | Comments(2)